花嫁支度

こんにちは、モーリスの曽我です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は和装の演出をご紹介したいと思います。

 

花嫁支度”を聞いた事がありますか?

 

 

お母様から新婦様へお支度をするとても感動的な演出です。

洋装ですとお母様からのベールダウンがありますが、

実は和装にも同じような演出があるんですよ、、、♡

 

 

相手の家に嫁ぐ前に最後のお支度。

和装の場合ですと小物をセットしていきます。

 

 

 

まずは”筥迫”

江戸時代にお化粧入れやお懐紙を入れていた化粧ポーチのような物です。

着物の胸元と入れていきます。

「私は、夫以外の男性に染まりません」という意味があるそうですよ。

 

 

”懐剣”

布で出来た袋の中に短剣が入っているもので、帯の左側に差します。

懐剣は短剣が入っていることから魔除けの意味が込められ

また、”自分の身は自分で守ります”と凛とした女性の意思表示でもあります。

 

 

”末広”

小さな扇子の事で閉じた状態で帯に挟みます。

表と裏が金銀になっていて、白無垢の場合は銀色、色打掛の場合は金色を

使用していきます。

末広は末広がりな形状から”幸せが永遠に続く”との意味が♡

 

 

他にも小物はいくつかありますが、主にこの3つをお母様より入れて頂きます。

披露宴中の演出ですと司会者さんから小物の説明もあるので、

ゲストのみなさまにも素敵な意味を知ってもらえます。

 

お支度が終わったらお父様と一緒に新郎様の元へ

 

 

 

高砂前で待っている新郎様へバトンタッチをしていきます。

 

チャペル式ではお父様と一緒にバージンロードを歩くことが出来ますが、

三嶋大社での神前式などでは一緒に歩く機会がなかなかないので

お父様へのサプライズにもなるはずですね♪

 

 

 

 

 

 

他にも和装の演出はたくさんありますので、またご紹介できたらと思います。

みなさんも参考にしてみて下さい。